So-net無料ブログ作成
ペットイラストへの想い ブログトップ

ペットイラストへの想い(&自己紹介) [ペットイラストへの想い]

きっかけはSNSでアップしたこのイラストでした、、、。

160722marineumi_edited-1.jpg

うん、愛する私の子供たちマリンとうみのイラストです。

ここから「ペットイラスト」へと一歩前進したのでした。



小さい頃から絵を描くのは好き。漫画を読むのも好きで、広告の裏画面(真っ白なとこ)に漫画を描いて空想の世界を楽しむのが好きでした。

そのお陰なのか、小学〜中学生時代まで図画工作や美術は通信簿の中では一番成績が良かったかな。クラスの写生大会でも良い評価を頂きましたし、ポスターとかでも市や県までなんかエントリーされた事もありました。
まあ、私の母親は喜んでたけれど、わたしは単純に「嬉しいけど、好きな事やって描いてるのがたまたま認められてるだけ」という感覚でした。

その後「あ、私って結構絵が上手なのね」と思ったのが高校時代。小学生から高校生まで成績が良かったりすると(美術の先生からもよく褒められてました)まんざらでもないな、、、ってね(笑)。
じゃあ美術部とか入部すれば良かったのに、ですがその頃は体育会系モードでしたので、入ってなかったです。

高校三年生くらいで進路を決めるとき「美大に行こうかな」という気持ちがちょこっと芽生えました。
しかしその時ハードルは高く、親から「入るなら絶対国立、公立!私立や専門学校は絶対ダメ!」でした。また美術部の先生からも「美大に入るならもっと前から練習(美術部とかに所属して)をしなくてはいけない」と、、、美大へ行くためのスキルとかを見ると愕然と自分の実力が低い事に叩きのめされてしまい、、、(まあ、その時ただ単に美大に行く、、でしたので、どんな分野をやりたいってのが明確だったら他の道もあったかもしれませんね)

当時の私としては「それでも絶対行く!」という気持ちはなく、美大はとっとと断念。

そこからきっと「美大卒コンプレックス」というのは出ていたのかもしれません。


しかし絵を描く事は好きなので、就職先で本の挿絵を描かせて頂いたり、DTPデザインを勉強してその勤め先で(手描きだったり、パソコンで描いたりと)絵を描く機会もあり、またホームページを作ったりブログで四コマ漫画やちょっとしたイラストを描いたりして楽しんでました。


まあ、その程度、、、とどのつまり「趣味の範囲」でした。
時々はお仕事として頂けて楽しかったけれど、「そこまで」で終わっていました。


とても「自分はイラストの仕事としてはやっていけない」という劣等コンプレックスでブレーキを踏んでいたのでしょう。
実際素晴らしい作品とかを見ると、自分のチンケな作品がみすぼらしく「いいんだ、無料だし、趣味なんだから」とブレーキ。


それで良い、それで十分だ。私は他の事でやっていけば良いと、、、


しかしとあるイラストレーターさんの作品を拝見した時に、ドツボにはまりました(早速作品集を購入)。

「私たちの身近な景色を、なんて温かく、私の好きな絵タッチで描いてるんだろう」と、、、、感動しましたね。

で、無性に絵を描きたくなり、、、先ほどのイラストをサクッと描いてみたんです。
正直、そのイラストレーターさんのようなタッチではなかったのですが、漫画のように今まで描いていた犬を、フチなしにして、、、、久しぶりに「色をつけて」みたのです。

正直下手くそですけど、なんだかほんわかしたマリンとうみ。

これをSNSでアップしたことろ、「うちの子たちも描いて欲しい!」というご依頼があったんです。

もちろん快諾です!すぐに取り掛かってみました。

最初の1枚でしたので、特に飼い主さんから何も話を聞かず、その飼い主さんのSNSでのアップしている写真や記事から、頭の中でイメージが浮かび描かせて頂いたのがこちら、、、、

曽我部さま.jpg

SNSではキャンプの写真がいっぱい(ならばキャンプのイラストにしよう)
折角だからキャンプグッズは飼い主さんの持ち物を描かせてもらおう
そしてワンコたちも、キャンプではどうやって過ごしているのかを、探して「お!」と思ったのをセレクトさせて頂きました。

SNSでアップされる写真や言葉って、「アップしたい!」「伝えたい!」「思い出に残したい!」「印象にある!」などと、その方の思いがあるんですよね〜。
それをできるだけ少しでも拾い上げて表現したいな、、、

という気持ちが高まり描かせて頂きました。

完成してデータを送ったらとても喜んで頂き、なんとシェアまでして頂いたら、、、

その後「わたしも!」「わたしも!」というご依頼が、、、

びっくりです、、、

正直「こ、これで良いの?」とお目目ぱちくりです。

とてもそのイラストレーターさんのレベルでもないし、美大卒やその世界で大活躍している方たちに描いてもらったほうがいいのでは?って思いましたが、、、、

でも、こうしてお声をかけて貰ったのが嬉しく、沢山沢山描かせて頂きました。

イラストを描く前に飼い主さんとメールなどでやりとりをして、そのペットに対する思いをお聞き致します。
お写真を頂いたり、「こんなイメージで」とリクエストを頂いたり、また「おまかせ」というのもあり、「四コマ漫画で描いて欲しい」と様々な表現のチャレンジができて楽しい!
しかし時々飼い主さんの想いからそのペットの写真を見ると感情が高まり何度も描きながら泣いたりしてしまいました。

枚数を重ねると、、、、自分自身の絵タッチが出来上がってくると、、、、自分の「ペットイラスト」に対する想いが強くなり

「これを仕事にしていきたい」と思うようになりました。

不安はいっぱいあります。
趣味と仕事は違います。くじけそうです。


しかし「ペットイラスト」は続けていきたい、そして「ペットイラストを描いている時が本当に楽しい」、、

飼い主さんがわたしの絵タッチから「ペットイラスト」を選んでくれることに答えていきたい。


飼い主さんとペットが過ごしたその時の時間、その時の想いを表現したい、、、
「あなたとペットとの大切な思い出を、イラストとして表現したい」

と、なりました。


これがわたしの想いです。

今まで心の奥にしまっておいた「絵を描くことが好き」「絵を描きたい」を起こしてくれた皆様に大感謝致します。
また「絵として仕事をしたらどうですか?」と背中を押してくれた吉永先生に大感謝です。

そして素敵なモデルとなってくれた方々へ、、本当にありがとう!


どうぞこれからも「ペットイラスト」のデザインまりんぼうを宜しくお願い致します。


* * * * * * * * * * * * * 

【自己紹介】

やまさきあかね
本名:山崎典子(天秤座のB型)
愛犬のマリンとうみと夫と静岡県南箱根の山の中に住んでいます(丸太小屋です)。

20年以上のダイビングインストラクターで、海で潜るのが何よりも自分の癒し、水中写真でマクロのさらに小さい顕微鏡モードで撮影するのがとても好きです。

他にリフレクソロジスト(南箱根サロン)、ペットマッサージセラピスト(ペットマッサージ南箱根サロン)の資格を持っております。

生まれは埼玉県。20年以上団地世代で育っていました。
おとなしい性格でリカちゃん人形や、漫画を描いて一人で遊んでいるのが好きでした(あまり社交的ではない)。
小学生でも大人しいままで育ち(絵とか合唱団とオルガンとかの世界へ)、勉強もそこそこ程度な上、運動神経は兄や姉より劣っていたため、心配した母は高学年になって無理やり陸上やミニバスケット部に所属させました(苦笑)。
お陰さまで運動する楽しさを知ることができ、中学〜高校まではソフトボール部員として楽しい青春を送っていました。

短大は先生になる気はなかったけど、授業が面白かったので児童教育学科へ、まあ当時のテニスサークルとバイトであまり印象に残らない2年間を過ごしました。

最初の就職先は予備校の事務として窓口担当(入学金などで札束を数えるのが得意になりました・笑)
次の就職先は大手メーカーの営業事務(ここでダイビングの世界にどっぷりハマり給料のほとんどを海へ費やしました・笑)そしてここで結婚。

このまま「事務というのは一生続けていけられるのだろうか?一生続けられるならもっと自分を活かせて楽しい仕事をしたい」という想いが強くなり、DTPデザインの勉強をして、その世界へと進みました。

DTPデザインとしては、レジメーカーのマニュアルやチラシ作りする仕事、季刊誌の編集部(これは面白い仕事だった!)、プリントサービスする会社、デザイン会社と派遣をしながら、スキルを磨いていきました(またこのあたりからホームページ制作を独学で勉強し始めました)

そして独立し「スキューバダイビングマリンボウ」と「デザインまりんぼう」を設立。
2002年静岡に引っ越してきてダイビングの仕事をしながら、ちょこちょことパソコンの仕事をしております。

東日本大震災での影響や親しい人の重い病から「今を真剣に生きる。やりたいことをやる」そして、原発を始め社会の裏側、社会毒、健康について(ちょうど自分も体調がおかしな時期だったので)、自然治癒力や健康や食について考え始め、調べて、リフレクソロジーやペットマッサージという縁に出会いました。

そして今年(2016年)に入り、心に溜め込んでいた「イラスト」への光が灯り、ペットイラストの世界を広げることになりました

趣味:読書、ピアノ、愛犬や水中写真撮影



ペットイラスト
ペットイラストへの想い
料金とイラストの流れ
ペットイラスト作品集
あなたとペットの大切な思い出漫画
皆さまからの声
よくある質問
お申し込み・お問い合わせ
ーーーーーーーーーーーーーーー
デザインまりんぼう
〒419-0106 静岡県田方郡函南町畑529-577
055-945-0234
marinbow0118@gmail.com




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
ペットイラストへの想い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。